Translate

脅威の固定スプレッド!!

2022年5月27日金曜日

5月4周目 天然ガスまとめ

おはようございます。

天然ガスは相変わらずアライ動き。7.0代後半から供給不安,気温上昇による需要観測から,9.5付近まで一気に値を上げている。昨日の在庫統計を受けて9.4-8.6動くなど,価格の動きがものすごく荒い。

こういうときはスルーしてもいいのだが,爆益と爆損リスクのバランスがとれているならばいいのだが,恐ろしすぎて…………まぁ,証拠金入れていないので取引すらしていないのだが。

さて,データを見ていこう。

・The Deskが行った天然ガスアナリストの調査によると,週明けの可動式天然ガス在庫の純増減の予想は,76Bcfから103Bcfの範囲で,中央値は86Bcfとされた。

・5月20日に終わる週の貯蔵への純注入量は80Bcfとなり,5年(2017-2021)平均の純注入量97Bcf,昨年の同じ週の純注入量109Bcf。稼働中の天然ガス在庫は1,812Bcfで,この時点では5年平均より327Bcf,昨年より387Bcf減少している。

・Bloomberg Finance, L.P.の出荷データによると、5月19日から25日の間に24隻のLNG船が90BcfのLNG運搬能力を持ち米国を出港した。昨週が73Bcfであった。

・PointLogic のデータによると,米国の天然ガス消費量は前週比 1.7%(1.0Bcf/d) 増加した。西部地域の気温は平年より低く,南部,中部,北東部の気温は平年より高かったが,前週に比べれば緩やかになっている。家庭用および商業用セクターの消費量が前週比で最も増加し、16.3% (1.6 Bcf/d)の増加となった。米国の液化天然ガス(LNG)輸出施設向け天然ガス受入量(LNGパイプライン受入量)も増加し,平均12.9Bcf/dと,先週より0.9Bcf/d増加した。産業部門の消費量は前週比1.4%(0.3Bcf/d)増加した。発電用の天然ガス消費量は,これらの増加分を一部相殺し,前週比2.8%(0.9Bcf/d)減となった。

・ベーカーヒューズ社によると,5月17日(火)までの1週間の天然ガスリグ数は,前週から1リグ増の150リグとなった。

・テキサス州西部とニューメキシコ州のペルム紀盆地で市場に出された天然ガス生産量は,2021年に1日あたり167億立方フィート(Bcf / d)の新しい年間最高値に達した。2022年5月の短期エネルギー見通し(STEO)では,生産量は,2022年には2.1 Bcf / d増加し,23年にはさらに1.7 Bcf/d増加すると予想されている。

以上だ。

考えていくと,昨晩の動きとしては,在庫統計での大幅な減少がみられたので急騰。

その後9.4付近で息切れ,前回の高値を更新できなかったことにプラスして,輸出量の増加が確認される。輸出量の増加量と在庫の増加量を足すと,予想以上の在庫プラスとなっており,それが安心材料になった,というところか。

本日は以上だ。



0 件のコメント:

コメントを投稿

6月3週目 天然ガスまとめ